<   2007年 08月 ( 7 )   > この月の画像一覧

アタシ、どこか間違ってる?  (48)

「ご来場の際は、本状をご持参ください」


さて、この言い方のどこが間違っているのでしょうか。

正解例は、こちら...
[PR]
by revenouveau | 2007-08-31 09:25 | 美句のようなもの

美晴さんランナウェイ

(「立読のようなもの」にはネタばれがある場合がございます)


中学に進学したばかりの世宇子の家に同居している父方の叔母・美晴さん。

27歳、独身。美人だけれど、トラブルメーカー。 商店街にある本屋さん
でたまに働くだけで、定職はなく、世宇子からみてもかなり子どもっぽい
のです。

とりわけやっかいなのは、めんどうなことから逃亡(ランナウェイ)して
しまうというクセ。

母(世宇子のおばあちゃん)の葬儀の日に、喪服のままゆくえをくらまし、
お見合いをすれば、食事中に振袖姿で逃げ出す美晴さん。

あきれるほどちゃらんぽらん。だけれど、憎めないひと。

そんな愛すべき叔母さんがひきおこす、さまざまな騒動を中学生の視点で
つづっていきます。

■著者:山本幸久 ■出版社:集英社 ■価格:税込1575円

d0063999_9275524.jpg

 << よろしければクリックを
[PR]
by revenouveau | 2007-08-27 09:32 | 立読のようなもの

もしもし、運命の人ですか。

(「立読のようなもの」にはネタばれがある場合がございます)


歌人の穂村弘さんによる恋愛をめぐるエッセイ。

言葉の選び方も秀逸で、リズム感もあり、おもしろい、極上の一冊です。

ふだんのなにげないできごとを書いているのかと思えば、ふっと、あらぬ
方向へとジャンプしてみたり、その着想は、とにかく絶妙。

ただのおふざけでない、知的なものがみえかくれするユーモア。穂村さん
の言葉の魔術に、つい口もとをゆるめてしまうのは、わたしだけではない
はずです。

■著者:穂村 弘 ■出版社:メディアファクトリー ■価格:税込1365円

d0063999_92319100.jpg

 << よろしければクリックを
[PR]
by revenouveau | 2007-08-20 09:23 | 立読のようなもの

アタシ、どこか間違ってる?  (47)

「甲子園、開幕! 戦いの火ぶたが切って落とされました」


さて、この言い方のどこが間違っているのでしょうか。

正解例は、こちら...
[PR]
by revenouveau | 2007-08-17 09:39 | 美句のようなもの

アタシ、どこか間違ってる?  (46)

「当館は、源泉たれ流しのお風呂が自慢です」


さて、この言い方のどこが間違っているのでしょうか。

正解例は、こちら...
[PR]
by revenouveau | 2007-08-10 09:19 | 美句のようなもの

悪 人

(「立読のようなもの」にはネタばれがある場合がございます)


三瀬峠で発見された福岡の生命保険会社で働く石橋佳乃の絞殺死体。容疑
者と目されるのは長崎に住む土木作業員の清水祐一。

出会い系の携帯サイトで知り合った女性を殺害した男性が、べつの女性と
逃避行におよぶ。九州北部で起きた事件をモチーフに、そこに暮らすひと
びとの“今”を浮かびあがらせていく吉田修一さんの長篇です。

執筆前、吉田さんは、ご自身の出身地である長崎をはじめ、福岡、佐賀な
ど、物語の舞台となる場所を丹念に取材。

車でまちを走るうちに「登場人物の姿が立ち現れ、声が聞こえてきた」の
だといいます。

場所から発想するストーリーは、「東京湾景」など、これまでも得意とし
てきた吉田さんですが、今回は、社会派タッチの新境地に挑戦。

事件の裏側にある家庭環境や交友関係を、周囲を取り巻くひとびとを数多
く登場させることで克明に描きだし、その根源にあるものを探ろうとする
過程は、映像作品としても観てみたいような…

恐怖と良心のあいだで乱高下する感情。殺人者を肯定することはできませ
んが、「悪人」とはなにかを考えさせられる作品です。

■著者:吉田修一 ■出版社:朝日新聞社 ■価格:税込1890円

d0063999_1095237.jpg

 << よろしければクリックを
[PR]
by revenouveau | 2007-08-06 10:11 | 立読のようなもの

アタシ、どこか間違ってる?  (45)

「今、年金について、けんけんがくがくの議論になっています」


さて、この言い方のどこが間違っているのでしょうか。

正解例は、こちら...
[PR]
by revenouveau | 2007-08-03 13:56 | 美句のようなもの