<   2005年 07月 ( 36 )   > この月の画像一覧

ドラえもん裁判

(「立読のようなもの」にはネタばれがある場合がございます)


【裁判官】これより、開廷します。はじめに、検察側から意見をのべてくだ
     さい。

【検察官】現在、「ドラえもん」のコミックは、日本のほか、世界10カ国
     において翻訳されておりますが、これは、日本文化を広く世界に
     伝えるという意味において、ひじょうに残念なことです。

【裁判官】これについて、弁護人は意見がありあすか。

【弁護人】いいえ。ありません。

【裁判官】では、検察側の意見をつづけてください。

【検察官】さきほどの国ですが、そのほとんど、9カ国がアジアの国々で、
     ヨーロッパではスペインのみとなっております。
     これは、主人公・のび太の、ドラえもんに頼りすぎるという点
     に、欧米で受け入れられない原因があるものと思われます。
     つまり、プロテスタントの自立を求める宗教観が、大きく影響
     しているのではないかと思われるのです。

【裁判官】弁護人は、これについて、どう考えますか。

【弁護人】たしかに、ふだんののび太は、そのような人間のように見受け
     られますが、そればかりではない部分も持ち合わせています。
     ここで、しずか証人の入廷を要請いたします。

【裁判官】しずか証人の入廷を。あなたは、のび太について、どのような
     意見をもっていますか。

【しずか】わたしが、のび太さんと結婚する前の日の夜に、パパに不安を
     もらしました。そのとき、パパは、こう言ったのです。

    「のび太くんを信じなさい。のび太くんを選んだきみの判断は正
     しかったと思うよ。あの青年は人のしあわせを願い、人の不幸
     を悲しむことのできる人だ。それがいちばん人間にとってだい
     じなことだからね。かれなら、まちがいなくきみをしあわせに
     してくれるとぼくは信じているよ」

     わたしも、パパの意見に賛成です。

【裁判官】弁護人、ほかに意見があれば、つづけてのべてください。

【弁護人】ドラえもんが未来に帰ることになったある日、のび太は、勇気
     ある行動をみせたことが多くの人々により証言されております。

     のび太は、その日もジャイアンにからまれることになったので
     すが、その日だけは、自力でかれに向かっていったのです。
    「ぼくだけの力で、きみに勝たないと… ドラえもんが、安心し
     て… 帰れないんだ!」
    「おれの負けだ。ゆるせ」とジャイアンは折れました。
     涙を流すドラえもんに、のび太は、いいました。
    「もう安心して帰れるだろ、ドラえもん」

     のび太の、このような思いは、称賛に値するものだと弁護人は
     考えます。

さて、あなたは、どう思いますか。

d0063999_1959581.jpg
[PR]
by revenouveau | 2005-07-29 20:00 | 所感のようなもの

白い巨塔  White War in the Medhical World

〜 ハリウッド版リメイク(さえら案)〜


                         期待度:★★★☆☆
                         実現度:☆☆☆☆☆
【キャスト】

財前五郎(唐沢寿明)
     ■トム・クルーズ 
里見修二(江口洋介)
     ■キアヌ・リーブス 
東 貞蔵(石坂浩二)
     ■デビッド・ストラザーン 
財前又一(西田敏行)
     ■ジーン・ハックマン 
財前杏子(若村麻由美)
     ■モニカ・ベルッチ 
花森ケイ子(黒木 瞳)
     ■キャサリン・ゼタ=ジョーンズ 
東 佐枝子(矢田亜希子)
     ■ナターシャ・ヘンストリッッジ 
関口 仁(上川隆也)
     ■イーサン・ホーク 

※ほか検討中

【ストーリー】

注目の外科医・トム。義父のジーンは、娘婿のトムに、医学界での権力を
握らせるため、トムの恩師・デビッドを教授の座からひきずりおろそうと
画策します。
誠実な医療をとの信念を貫くライバル・キアヌをしり目に教授への階段を
のぼりはじめるトム。キャサリンとの浮気を黙認し、医師夫人会で実権を
手にしようと躍起になるトムの妻・モニカ。
そんななか、トムは、ある患者から誤診をしたと訴えられてしまうのです。
トムは、腕利きの弁護士を雇いますが、原告側の弁護士・イーサンの粘り
強さに完敗。さらに、追い討ちをかけるように、トムは、発病。いちばん
信頼のおけるキアヌに、トムは、じぶんの手術の執刀を頼むのでした。

■監督:アラン・J・パクラ ■初公開:未定
■出演:上記参照

d0063999_17465843.jpg
[PR]
by revenouveau | 2005-07-29 17:49 | 立見のようなもの

私が語りはじめた彼は

(「立読のようなもの」にはネタばれがある場合がございます)


奪うものと、奪われるもの。そのあいだに生まれる確執。

村川融。なぜか女性にもてる、ひとりの大学教授をとりまく、人間の愛憎の
さまを、しずかな筆致でつづった小説です。

6つの章、それぞれに関係する中心人物がいれかわり、ひとつの織物のよう
にからみあっていく物語。確執に翻弄される、男たちの視点からそれを描く
ことで強まっていく淡々とした印象。

そこにあるべきはずの「愛」が語られず、それがすっぽりと抜け落ちている
ようなしずけさ。

しずかであるがゆえに、しだいに織りあげられていく情景のむこうに、熱く
どろどろとしたものが際立ってみえてくるようです。

しかし、かれ村川融の実体はつかめません。ただ、そのひとりの男性を思う
とりどりの色糸がたがいに綾をなしていくだけなのです。

「かれ」の影をひきずりながら、それぞれの闇をかかえる「わたし」。

その心に、なにが秘められているのか。あなた自身で、みつけてください。

すぐれた書き手ではあるけれど、わたしには、あまりにも饒舌なスタイルの
ように感じました。

■著者:三浦しをん ■出版社:新潮社 ■価格:税込1575円

d0063999_8395759.jpg
[PR]
by revenouveau | 2005-07-29 08:40 | 立読のようなもの

淫らな罰

(「立読のようなもの」にはネタばれがある場合がございます)


まずはじめに、ご注意を。

「わたしって、人気ものなのよね〜」

「もぉ、みんな、わたしがいないと、だめなんだからぁ」

などと思っていらっしゃる方は、お読みにならないほうが無難です、たぶん。

月島美百合のペンネームで作家デビューした「わたし」は、インターネット上
の誹謗中傷に悩む日々を送っています。しかも、その犯人が、デビューのきっ
かけとなった文学賞で大賞をとった、晴海鷹夫だということもわかっています。

晴海は、大賞を受賞したのに作家として注目されず、〈格下〉の「わたし」が、
売れっ子になっているのが気にいらなかったのです。

つのり、つのっていく、晴海の、嫉妬の念。

それは、現実感をもって、おそろしい結末へとつきすすんでいくのでした。

真っ黒な悪意、ねたみ、そして…

たとえば、山本文緒さんならば、土俵際で足一本のこしていくところを、岩井
志麻子さんは、その足を切りおとしてしまいます。こういうところが、ほんと、
すがすがしいくらいにおそろしい。

じぶんは「勝ち組」にいる、と思っている、一見しあわせな女性たちが求める、
日常のなかの、残酷な快楽。

表題作「淫らな罰」のほか、「日向の影」「暗かった帰り道」「隣の花は黒い」
「ひとりで奏でる恋の歌」4編。

ふと、気がつくと、だれかの顔を思いうかべながら読んでいるじぶんがいたり
します。そして、もしかしたら、わたしの顔を思いうかべて読んでいるだれか
がいたりするかもしれない、そう考えると、よけいに怖くなってきます。

■著者:岩井志麻子 ■出版社:光文社 ■価格:税込1575円

d0063999_1295437.jpg
[PR]
by revenouveau | 2005-07-28 12:10 | 立読のようなもの

漢方小説

(「立読のようなもの」にはネタばれがある場合がございます)


主人公・みのりは、31歳、独身。

元カレが、結婚すると知ったその日、突如としてカラダが暴れだし、さながら
じぶんがロデオマシーンになってしまったかのように、のたうちます。

救急車ではこばれる途中、いったん震えはおさまったものの、なんとも原因は、
はっきりしません。そして、なによりも、みのりの耳にはりついたのは、救急
隊員の「えー、31歳の女性」という、無線の相手に状況を伝える声。

その後も、冷たいもの、コーヒーや香辛料などの刺激物を胃にいれると、あの
ロデオマシーンの状態になってしまうのです。

そして、病院を転々としたあと、5人目の医者として出会った漢方医。

「自分の病気は自分だけのもの」

「変化をそのまま受け入れていく」

そんな、東洋医学の考え方が、みのりの、その後の生き方に、みごとに、はま
っていきます。

中島たい子さんというひとが、シナリオ作家だったことが影響しているのか、
ひとつひとつのシーンが頭にうかぶ、とてもわかりやすい文体で、かろやかに
読みすすむことができました。

さらに、みのりの周辺をにぎわすキャラクターも、なかなかの味わい。

行きつけの飲み屋〈青テント〉にあつまる「奥さんに別居された、オッサン」
や「ラブ欠乏症でバツイチの志保さん」などが、物語に彩りをそえます。

漢方薬についても、恋心をいだくような、愛着をもって描かれていて、そんな
ガイドブック的な要素もまた楽しめるかもしれません。

■著者:中島たい子 ■出版社:集英社 ■価格:税込1260円

d0063999_925191.jpg
[PR]
by revenouveau | 2005-07-27 09:03 | 立読のようなもの

イン・ザ・プール

(「立読のようなもの」にはネタばれがある場合がございます)


父親が経営する、あかるく清潔な感じの伊良部総合病院の地下1階が、かれの
診療室。

とんでもなく奇妙な精神科医・伊良部一郎が、かれのもとをおとずれた患者と
どたばた劇をくりひろげながら、さいごには、病を治してしまうという短編を
まとめた一冊です。

ちなみに、5つの短編のタイトルは、

   イン・ザ・プール
      勃ちっ放し
         コンパニオン
            フレンズ
               いてもたっても

                    という感じ。

キャラクター設定に、そうとうなちがいがありますが、この作品の続編ともい
える「空中ブランコ」は、阿部寛さん主演でテレビドラマにもなりましたので、
ごぞんじのかたも多いはず。

読みこめば、読みこむほどに、なにかを訴えてくる作品。

ただ、読んで、笑いたい。そんなかたにもおすすめの本です。

■著者:奥田英朗 ■出版社:文藝春秋 ■価格:税込1300円

d0063999_84692.jpg
[PR]
by revenouveau | 2005-07-26 08:03 | 立読のようなもの

GHOTI

みなさんは、この単語を、なんと発音するでしょうか。

d0063999_7541697.jpg




More...
[PR]
by revenouveau | 2005-07-26 07:55 | 英語のようなもの

ぼくセザール 10歳半 1m39cm

(「立見のようなもの」にはネタばれがある場合がございます)


                             ★★☆☆☆

ぼくセザール、10歳半、1m39cm。ちょっとぽっちゃりしてることを、
人からいわれたくない。パパがしていることは本当に理解できないけれど、
ママはよくパパにいっている。“悪い事が起こるのはこの仕事のせいよ!”
ってね。

親友はモルガン。モルガンは優秀で、物静かで、ハンサムで信頼のできる
やつだ。モルガンの、たったひとつの悩みは、お父さんを知らないこと。
えっと… モルガンは、お父さんの苗字がフィッツパトリックってことと、
ロンドンに住んでいるってことだけしか知らないんだよ。

それから、学校には、サラ・ドゥルガドっていう、かわいい女の子もいる。
かのじょのために、生きることができたらなぁ… でも、10歳半じゃね。
みつめて、ほほえんで、みつめつづけて、歩いて、黙っちゃう。なぜって、
サラの前じゃ、言葉がみつからないからさ。かのじょがぼくのことを好き
になってくれるチャンスがあればなぁ… 10歳の女の子には、このぼくの
気持ち、なかなか理解できないよ。

               ●

初恋体験中の、機知にとんだ、10歳半の男の子の視点から語られる、ちょ
っぴり感動的な物語。

友だちとは。家族とは。そして、そこにある大切なものはなに。

セザールと、モルガンと、サラの3人は、モルガンのお父さんをさがしに、
こっそり、ロンドンへと旅にでます。現実ではあるけれど、いままで経験
したことのない未知の世界にとびこんでいった、3人の友情のゆくえは…

あなたが、こどものころに、大切にしていたものはなんですか。

この映画を観おわったあと、あなたは、そんな、大切にしていたなにかを
思いだすかもしれません。

みはじめて、気がつくのは、カメラポジションが、約1m39cm(たぶん)、
セザールくんの目線にしてあること。こんなところも、ジュブナイル映画
としてのこだわりが感じられ作品でした。

やはり、父娘でしょうか。ジョセフィーヌ・ベリちゃんの姿が群をぬいて
かわいかったですね。リシャール・ベリ監督が、父親として娘をみる視線
を感じずにはいられませんでした。

それにしても、セザールくん、甘いもの、たべすぎですよ。

■監督:リシャール・ベリ ■初公開:2004.07.
■出演:ジュール・シトリュク、ジョセフィーヌ・ベリ、ほか

d0063999_7483971.jpg
[PR]
by revenouveau | 2005-07-25 07:48 | 立見のようなもの

I have no idea of where a person comes from and ...

I have no idea of where a person comes from and ...

where he/she goes when dead, and also iI have no idea for whom
he/she takes so much of his/her habitat and how he/she makes
it pleasing to the eye when his/her existence may come to an end
at any time.
The keeper and his/her house are equally uncertain as if they
were dew on a flower coming out early in the morning. The dew
may first come down from the pavillon (morning glory) still open,
or the flower itself may quickly go dead with dew still on it in
the morning sun, but the dew themselves will never keep by the
end of the day.

It seems like you are tired.
I see, next one is in preparation. Do not miss it.



※日本語訳をごらんになる場合は「more...」をクリックしてください。

d0063999_7363722.jpg



More...〈日本語訳〉
[PR]
by revenouveau | 2005-07-25 07:38 | 英語のようなもの

関東南部地震 お見舞い

きょう7月23日、午後4時35分ごろ、関東南部を中心に、震度5強~3の地震
が発生しました。

わたしは、すこしどきっとしたていどで、心身、住居ともに無事でした。

高速道路の閉鎖、交通機関の運休等をふくめ、この地震で、被害にあわれた
方々に、心からお見舞い申しあげます。
[PR]
by revenouveau | 2005-07-23 18:28 | 所感のようなもの