家族の言い訳

(「立読のようなもの」にはネタばれがある場合がございます)


青いイナズマ、SHAKE、ダイナマイト、…

これはもう、いわずと知れたSMAPのヒット曲ですね。

その作詞を手がけたのが、今回ご紹介する本の作者、森浩美さん。

作詞作品は若々しい印象の森さんですが、この短編集では「家族」を題材
にしっとりとした物語をつむいでいます。

夫が蒸発した妻、妻に別れを切り出された夫、母に捨てられた息子、死期
がせまる母と子どもたち、…

家族という絆でむずばれているがゆえの淡々とした悲しみやせつなさ、そ
してささやかな幸せ。家族に悩み、家族によろこぶ。そんなひとびとの姿
が、こころに響いてくる短編集です。

■著者:森 浩美 ■出版社:双葉社 ■価格:税込1470円

d0063999_9115982.jpg

 << よろしければクリックを
[PR]
by revenouveau | 2007-12-12 09:12 | 立読のようなもの
<< 予想 夜明けの街で >>