美しき諍い女

(「立見のようなもの」にはネタばれがある場合がございます)


                             ★★★☆☆

画家のフレンフォーフェルは、10年ほど前に 妻のリズをモデルに描いた
自らのもっとも野心的な傑作となるはずだった「美しき諍い女」の作業を
中断して以来、絵を描いていませんでした。

「美しき諍い女」のモチーフとなったのは、 17世紀に人生を送った高級
娼婦カトリーヌ・レスコーのことで、フレンフォーフェルは、かのじょの
ことを本で読み、絵にしようと試みたのでした。

画商のポルビュスは、フレンフォーフェルの古くからの友人で、かつての
恋敵。かれは、ある日、フォーフェルの邸宅に、新進画家のニコラとその
恋人のマリアンヌを招待。

ポルビュスの計らいで、ニコラとマリアンヌに出会ったフレンフォーフェ
ルは、マリアンヌをモデルに、その未完の傑作を完成させる意欲を奮い起
こします。

はじめは、モデルになることをいやがったマリアンヌでしたが、ニコラの
すすめもあり、5日間で絵を完成させることを条件にしぶしぶフレンフォ
ーフェルの申し出を承諾。とはいえ、かれの要求は、肉体的にも、精神的
にも、かのじょが考える以上に過酷なものでした。

あらたな気持ちで、絵に取り組むフレンフォーフェル。ところが、やがて、
絵を描きつづけるうちに、かれは、自身をなくしはじめます。こんどは、
逆に、かれを挑発して、絵を描かせようとするマリアンヌ。画家とモデル、
ふたりの緊張した関係は、リズとニコラをふくめた2組のカップル全体に
いいようのない緊張感を生み、さらにニコラの妹のジュリアンヌも加わり、
拍車がかかります。

キャンバスとの長い格闘の末、フレンフォーフェルの傑作は、ついに完成。

しかし、かれは、その絵をだれの目にも触れさせないように壁の中に埋め
こんでしまい、代わりの絵を、もう一枚、一気に描きあげるのです。

つぎの日、もう一枚の「美しき諍い女」を前におこなわれたお披露目の会。
それぞれの胸に胸に去来する思いとは…

原作となった、オノレ・ド・バルザックの「知られざる傑作」とは、別の
展開をするこの映画も、また味わいのある解釈の作品になっています。

■監督:ジャック・リヴェット ■初公開:1991.
■出演:ミシェル・ピッコリ、ジェーン・バーキン、ほか

d0063999_721314.jpg
[PR]
by revenouveau | 2005-09-20 07:21 | 立見のようなもの
<< 月 魚 踊る大捜査線  self-ma... >>